看護師の転職を成功させよう

看護師の転職を成功させる上で誰もが共通して考えることは、いかに自分の培ってきた知識やスキルをアピールしていけるかという部分ですけれど、これは案外相手側の印象としてみれば良くないという場合もあるのです。 面接官というのはその病院でのやり方やルールに従って働いてきているベテランであり、採用に関する権限を与えられているような存在ですが、そこで自分の知識やスキルをあまりにもアピールしすぎてしまうと、この病院のやり方に馴染めるだろうかという印象を与えることもあります。 転職を成功させていくコツとしては、面接において知識やスキル、経験といった部分のアピールを織り交ぜつつも、自分がどれだけ看護師という職業自体に熱意を持っているのかや、その病院で働きたいと思う理由などのほうをメインに訴えかけていくことです。 採用側も人間ですからこの人となら一緒に働いていけそう、働いていきたいと思えるような人間を最終的には選ぶのです。もちろん資格や経験などのスペックは高ければ高いほど有利に働くことは間違いありませんが、新たな職場への適応能力や柔軟性という部分もそれと同じくらいに重要なポイントと言えますので、しっかり意識していくことが肝要です。

管理人の愛用サイト

【MC-ナースネット】で看護師の募集の病院を探そう

【MC-ナースネット】で保健師の転職を探そう

Copyright(c) 2011 看護師の転職ひろば. All Rights Reserved.